あらすじ

 

友人のもとに一通の手紙が届いた。

 

彼は深刻な顔で俺にこう言った。

 

「詳しい事情は話せないが、俺と一緒に来てくれないか」

 

俺は取材ついでについて行くことにした。

 

赤月村は昔、観光地として栄えていたが次第に客足は減って行き、今では見る影もなくなってしまった。

 

それだけではなく俺のようなライターには有名な伝承がその村にあった。

 

「月が赤く染まる時、この世に祟りが舞い降りる。」

 

俺はその村で一つの事件に巻き込まれる。

 

これは伝承通りの祟りなのか。

 

それとも人が起こした殺人なのか。

 

過去と今がつながったとき真実が暴かれる・・・!